伝統工芸会館 岩本公水陶芸ギャラリー 発酵文化大使の台所 〒107-0052
東京都港区赤坂6-4-21-4F
株式会社吉野音楽事務所

Date: 3月 4th, 2008
Cate: 2008年3月, OldDiary
Tags:

おいかけて雪国、、、

北海道からの流れで 青森を通り、盛岡へ。太陽の光を受けてキラキラひかる安比高原、山々が墨絵のように 優しく品良く ずーっと続いています。 あまりの眩しさに目を閉じると いつの間にか夢の中。
目を覚ますと何も景色が見えないほどの横なぐりの雪になっていて、雪国の天候はすごいなぁ、、、と改めて思います。このあたりの人は どんな 仕事をして暮らしているんだろぅ、、、あの家は 屋根の雪下ろししなきゃ 潰れちゃうんじゃないのぉ?なんて勝手によその家の心配をしながら、あっという間に盛岡に到着しました。久しぶりの盛岡駅は 随分キレイに生まれ変わっていて 魅力的なお店がいっぱい! 子供の頃は なんとも思わなかった 南部鉄器の急須が とってもかわいらしく あったかく目に映りました。買いたいのはヤマヤマでしたが あまりの重量感に 今回は諦め、記念写真だけの思い出となりました。 これは オブジェなので 私の体くらいありまっす〜! 思わず中を覗いちゃいました。 あられ模様のプリプリ感が たまりません、、、。 あ〜 いつの日か ゲット、、、南部鉄器、、、。