伝統工芸会館 岩本公水陶芸ギャラリー 発酵文化大使の台所 〒107-0052
東京都港区赤坂6-4-21-4F
株式会社吉野音楽事務所

Date: 8月 19th, 2008
Cate: 2008年8月, OldDiary
Tags:

西馬音内盆踊り。

先日、秋田の大館 大文字まつりでした。お祭りは夜なので 私はお昼の秋田放送さんのイベントで唄いました。秋田はとっても良い天気で 空気が軽くてスーっと甘かったです。心がキレイになった感じ! すっごい数のお客様の中で汗を拭き拭き唄ったその後は・・・なんと お休みを頂き 思い切って郷帰りしたのです!!大館駅から自分で時間を調べ、湯沢駅までトコトコ一人旅。この写真は大館駅前の秋田犬のハチ!こんにちは! 名物の鶏飯弁当を食べ、う~ん・・・演歌だね~・・なんて思いながら素晴らしい大自然、田んぼの海を眺めながら電車に揺られ3時間半の旅を満喫しました。おしりが痛くなったよ~(笑)

そして 翌日は夢にまで見た「西馬音内盆踊り」を観に行くことが出来ました!やったー!!関係者の方にご配慮を頂き、とてもゆっくりと 産まれて初めて最後の最後まで観させて頂くことが出来、その踊りの素晴らしさに終始ウルウルしっぱなしでした。このお祭りには 私の事務所の方々やメイクさんも駆けつけてくれたので 東京組は大!大!大!大感動の夜だったようです。 本当は 誰にも教えたくないくらい 心の中に温かく仕舞い込んでおきたいような静かなお祭りなのですが やっぱりこれだけ素晴らしいと、み~~~んなに観て頂きたいな・・・って改めて感じました。
で、また翌日は 帰らなければいけない日だったので 朝からアクティブに動き周りました!まず これからの自分のために どうしてももっとこのお祭りを知りたくて 資料館に行き、歴史や衣装のことを 資料館の方に沢山お話を伺いました。(館長さん、ありがとうございました!)その後は 昼の羽後町を観光し この街に生まれた幸せを噛み締めて景色を楽しみました。東京組の中には小さな子供(事務所の人の娘さん)もいたので その子にとっては最高の自由研究の材料になったようで 端縫いの衣装や 藍染めの衣装、ひこさ頭巾、お祭りの雰囲気を とっても興味深く楽しんでくれたことが 私にはとっても嬉しいことの一つでした。幼い子にも”何か”を感じてもらえるお祭りなんだな・・・と。 そしてせっかく秋田まで来たから・・・と、みんなで小安峡に観光に行き 岩と岩の間からすごい勢いで吹き上げる熱湯(このあたりは温泉地です)を観て 足湯をして あっという間の休日が終了したのでした。 今回、本当にたくさんの地元の方々、観光先で出会った方々、”心配してたのよ~!元気になって良かった”と声をかけて下さった方々、本当にお世話になりました。また ゆーっくり帰れるその日まで 私、頑張ります!