伝統工芸会館 岩本公水陶芸ギャラリー 発酵文化大使の台所 〒107-0052
東京都港区赤坂6-4-21-4F
株式会社吉野音楽事務所

Date: 2月 14th, 2009
Cate: 2009年2月, OldDiary
Tags:

ミモザの朝。

セットしていた目覚まし時計が鳴るより早く目が覚めました。
ミモザの香りで。 私はミモザが大好き。
秋田には無かったので
東京でミモザの木を見た時、 天国を感じたというか キレイな黄色が太陽の光で 更にキラキラしていて 眩しくて眩しくて 何とも言えない幸せな気持ちになったのです。癒された感じ。
黄色は 仲良しの色、、、人なつっこさや
調和、平和を意味する色なので その魔法にかかったのかにゃ?(カラーコーディネーターぶりました(・・;))
休養中に 両親が東京で一緒に数日を過ごしてくれた時、どうしてもミモザという珍しい花を見せたくて 新木場の植物園に連れて行き、 それはそれはたくさんのミモザを 楽しみました。
母はあまりの感動で 苗を買って秋田に帰ったのですが 冬を越すことが出来なかったようです。
ミモザを見ると 元気になれるし 両親との時間も思い出すし 春を感じることも出来るし 私には 思い出のいっぱい詰まった花です。
その花の香りで目覚めることが出来るなんて
なんだか 何かに 気づかされたような、、、 常に初心で頑張りなさい、、、 と言われたような そんな気持ちで 今日は良い1日を過ごせました。
母にこの写真をメールしたら 「懐かしいね、、、あの頃を思い出します。 香りがしてくるようです」 って。
また 両親と新木場に行きたくなりました。
今晩は ミモザサラダにします。