伝統工芸会館 岩本公水陶芸ギャラリー 発酵文化大使の台所 〒107-0052
東京都港区赤坂6-4-21-4F
株式会社吉野音楽事務所

Date: 4月 5th, 2009
Cate: 2009年4月, OldDiary
Tags:

コンサート。

無事に終わりました! キリスト品川教会でのコンサート。緊張もしたけれど
溢れるほどの幸せの中でたくさんの光を感じながら
心から 想いをこめて ちゃーんと唄えました。教会って 不思議な所です。
包まれているような 守られているような 導かれているような、、、 自然な気持ちのままで唄うことが出来たから。私は本当に良い人たちに囲まれ、支えられ、応援してもらって 今ここに立つことが出来ているんだな、、、て 痛いほど感じました。きっと 教会という所は お客様にとっても 新鮮だったのでしょうか、、、。「上質な時間をありがとう」とか 「夢をみているみたいな柔らかい時間でした」と 声をかけて下さるかたが何人もいらして 私の方がびっくりしたほど。でもよく考えると、パイプオルガンの音色で唄う演歌歌手って、、、なんかスゴイ(^o^)今回のコンサートはアルバム「光の射すほうへ、、、」の中の曲に重視したコンサートなので、普通 考えられるような 昔の名曲に添った部分は一切無いので 皆さんの反応をとても心配しましたが 皆さんから届いたお声は 「こういうコンサートが見たかった」とか 「これこそが特別なコンサート!来て良かった!」 「また こういう 面白みを感じることをしてください!」というものが多かった、、、。
「片陰 が好きだったけど 生で聴いたら
薄氷 と 茜雲 と 文鳥 と 夕鶴 も好きになっちゃいました!」
なんて言って下さる方もいらっしゃって
「それ、全部ですねー(*⌒▽⌒*)」って お互い大笑いしたりして。今後も 許されるならまたこの場所で コンサートしたいな、、、。こんな こだわりの歌手が居てもいいですよね?ありがち、、、じゃ いつまでたっても ありがちなまんま。フフって微笑んじゃうような 優しい喜びを探して 歩いて行きたいです。次回の札幌が 楽しみです。あ!文鳥バックは たまげるほど売れたみたい(^^;)母にプレゼントしたら
「あらぁ〜ひよこちゃん かわいい!!」 だって。
あのぉ、、、文鳥って言ってますよねぇ?