伝統工芸会館 岩本公水陶芸ギャラリー 発酵文化大使の台所 〒107-0052
東京都港区赤坂6-4-21-4F
株式会社吉野音楽事務所

Date: 3月 10th, 2010
Cate: 2010年3月, OldDiary
Tags:

リニューアル!

ジャ〜ン!
埼玉伝統工芸会館での私の展示会もいよいよ残すところ20日を
切りました。今日、展示作品を少し入れ替えして参りましたよ~((嬉´∀`嬉))ノ
作品も雰囲気もリニューアル!リニューアル!
思ったよりも時間がかかり、”作品”を扱うことの
大変さを改めて感じました・・・。
並べ方、ライティング一つで その作品の表情が変わるので
慎重に、慎重に・・・。
蒔風先生もトレードマークのバンダナをグルッとバチッと巻いて
沢山アドバイスをして下さいました(o→ܫ←o)。
展覧会に関しては私は殆ど素人なので 先生の言葉は
”ほほほ~ん!ヾ(*・ω・*)ナルホド・・・”と感心することばかり。今回は「文鳥」の絵も飾ったのですが
これは以前、文鳥のシングルCDに自分で描いた絵を載せたところ
本物が見てみたい!とお声を下さった方が何人かいらしたので
それならばぁ~(*/∇\*) キャ ~!!!と思い、展覧会の後半戦に
イザ出陣!させた訳でございますのね~。
一枚ではなく 数枚描いていたので初公開の物もありまっす!蒔風先生に「公水アートですね~」と
100万ドルの笑顔で褒めて頂き、恥ずかしさで
体温がガーっと3度ほど上がりました・・・。ま、まぁ、そちらもぜひお楽しみに(*ノ∀`*)オラハズカシイ・・・。

そして作業終了後には併設している道の駅にある
お食事処「麺工房かたくり」で ”ひもかわうどん”を頂きました。
「え~~!キモカワ?!!!!(゚ロ゚屮)屮ギョエッ!」
っとベタな驚きをしてしまいましたが
「ひもかわです」と冷静な説明を頂き、驚くほど美味しいおうどんを
堪能したのでした・・・。
ひもかわって ”紐みたいな川みたいな感じだから”でしょうか・・・。
それとも”紐みたいな皮みたいな”でしょうか・・・。
とにかくベロ~っと長くて平べったい形でモグモグ噛む感じ。
・・・衝撃的でした。武州うどんと言い、ひもかわと言い、うどんのネーミングが
いろいろあって面白いです。
ここでは粉の段階から自家製なので本当に
もっちりしていて お蕎麦のような色で味わい深くて
かなり感動しました。
食後の「甘酒」も100円で頂けます!
100円とな・・・。
さすが米どころ埼玉!!秋田県人として密かにライバル視しちゃいました。