伝統工芸会館 岩本公水陶芸ギャラリー 発酵文化大使の台所 〒107-0052
東京都港区赤坂6-4-21-4F
株式会社吉野音楽事務所

Date: 6月 21st, 2017
Cate: OldDiary
Tags:

「埼玉伝統工芸会館」

今日は 埼玉伝統工芸会館に行ってきました。
ただ今、「和紙の競演」開催中です!


和紙は 日本各地様々なところで作られていますが

やっぱり ユネスコ無形文化遺産登録された
埼玉県小川町、東秩父の細川紙(ほそかわし)島根県浜田市、 石州半紙(せきしゅうばんし)岐阜県美濃市、本美濃紙。
が有名かな・・・。
会場の展示物を見ると各、地元の皆さんの愛情が感じられます。
細川紙は 私にも身近な着物を収納する ”たとう紙” で有名。白っぽい紙が多いのかな・・・。それを想うだけで 身近に感じます(大事に使わなきゃ)。
他にも 繊維で作られた服や飾りなど「なるほど~」と いろいろ楽しめる空間です。
埼玉伝統工芸会館のPR大使になって私も沢山のことを勉強させていただきました。
微力ではありますが 全国各地で埼玉県小川町、東秩父の話が出来ること、そこから 人と人の繋がりが生まれること・・・、感謝の気持ちでいっぱいです。
各地の大使をさせて頂いていますがこうして 埼玉伝統工芸会館のように情報や心を細やかに届けて頂くからこそ今の私に出来ることがあります。
関係者の皆様、地元の皆様、もっともっと、ざっくりと周りで教えて下さる皆さまのお陰で私は 情報を得て・・・・、発信できるのです。
同時に私も 成長できるのです。
感謝しかないです。
様々な意見を下さる方がいらっしゃいますが大使はそればっかりやっているわけではありません。
そればっかりやっているわけではないからこそ広がる世界だと 自己満足しています。
私は 誇りをもって小川町を、東秩父を全国で自慢していきます!
あさっては 宮崎県、都城に行きます。歌も・・・・、おしゃべりも・・・・、私の任務を果たします。