伝統工芸会館 岩本公水陶芸ギャラリー 発酵文化大使の台所 〒107-0052
東京都港区赤坂2-13-19-5F
株式会社吉野音楽事務所

Date: 11月 28th, 2018
Cate: 未分類
Tags:

「ガンバロ」

学生時代 ずっと徳永英明さんのファンクラブに入っていました。

最近なんとなく またCDをかけて
朝も晩も聞いているのですが
「最後の言い訳」とう歌に
”一番近くにいても一番分かり合えない”
という歌詞が出てきます。
これは 恋愛だけじゃなく 仕事面でも
通ずる言葉だな・・・と思います。

沢山の人と接する世界ですから
身近に居る人こそ心で通じ合えないと 続かない世界です。

仕事ってそういうのもです。

通じ合っているから 頑張れる・・・、
そういうもの。

私は感情が濃すぎるのか・・・。

上手くいかないとヘトヘトになることがあります。

想いを込めても込めても通じない人、
込めたら込めただけ通じ合える人、
どうせなら通じ合える人といるほうが幸せです。

誰だってそう。

幸せな瞬間を大事にガンバロ。
今回は 幸せな想いを記事にして頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

「ソングブック」 で小西良太郎さんと
対談をさせて頂き、大きなページにして頂いていますので
機会がありましたら お求めくださいね。

表紙は 川中美幸さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

ステキ。

唄うって すごく嬉しいこと。
幸せな事だから 明日も明後日も 明々後日も
温かい心で、穏やかな心で向き合えるように
心に栄養を与えながら歩いて行きたいと思います。

良い音楽を聴いて、シンプルな食事をして
美味しい空気を吸って 明日をちょっとだけ想像しながら休む。

これが 好きです。