伝統工芸会館 岩本公水陶芸ギャラリー 発酵文化大使の台所 〒107-0052
東京都港区赤坂6-4-21-4F
株式会社吉野音楽事務所

Date: 11月 27th, 2014
Cate:
Tags:

「金時草」

発酵食品を勉強するようになって体調が安定した気がします。
コンサートの時もカゼもひかず、疲れず、自分が ”強くなった!” と実感しています。
「食」 は大事ですね。今回お話するのは 「金時草」という野菜。
金時草〈キンジソウ〉別称:式部草〈シキブソウ〉1ケース、20パック前後、2Kg~3Kg前後
紫色でいかにも栄養がある感じ(*^_^*)葉の裏がキントキイモみたいな紫なので「キンジソウ」という名前になったとか。
ビタミン、鉄分、カルシウム、他にも栄養いっぱい!そのままお浸しで食べてみたら・・・、ねばり気があって、独特の香りがあって(ツルムラサキみたいな感じ)美味しい!


ツナで合えて、フルーツ酢をまぜただけでも↑↑美味しかった~!前の晩に作ったら ちょっと色が悪くなりましたが(笑)。
あと、川崎のおばさんが作ってくれたブリ大根と・・・、豪華な朝ごはん。
秋田県横手市でも この金時草が作られているということで送って頂き、横手発酵文化大使として嬉しい発見でした!
あ・・・・・、私のフルーツ酢。かなり足し、足し、相当旨味アップしています(*^_^*)中でも感動したのが フルーツ酢とお醤油を混ぜただけでビックリするほど美味しい ”ぽん酢” になりました。
湯豆腐をして感動してしまった~~~(:_;)