岩本公水ブログ 岩本公水チャンネル 発酵文化大使の台所 岩本公水陶芸ギャラリー

Date: 10月 22日, 2015年

「発酵で健康」

秋田県、横手市で発酵のイベントがありました。


「発酵文化大使」をさせて頂いているので感謝状まで頂戴して感激。
発酵食品を使ったお料理のコンテストもあって、高校生から料理人の方まで たくさんの作品を試食しました。


↑納豆ドレッシングのサラダとか 自分でも作れそうで興味津々・・・。時間をかけて 丁寧に作られた味がしました。
審査員として一緒に試食した 横手市長はなんと私と同い年!高橋 大(だい)市長。↓


同い年って・・・すっご~~~~~い(*^_^*)
誰より早く試食を終えていました(笑)。仕事柄、日頃から急いで食べるのかな・・・。
今回は横手の寒麹とお味噌を買って帰ってきました。美味しいの作って食べます(*^_^*)


(写真はホームページよりお借りしました)
横手の発酵のホームページに もっと沢山載ってます!皆さんも是非!
発酵食品で健康に!そしてキレイになりましょ❤


Date: 9月 19日, 2015年

「NEWフルーツ酢」

ながいこと、足し足ししながら食べてきた‘‘フルーツ酢‘‘ が残りわずかになったので新しい‘‘フルーツ酢‘‘ を作りました。
今までのは 梨、リンゴ、みかん、ぶどう、桃、などなどそりゃ~まぁ~沢山の果物が入っていたので本当にフルーティーで 奥行きのある美味しいお酢でした。
でも今回は 思いつきでやっちゃったのでウチにあった穀物酢1500mlと 大きな梨一個・・・だけ。


器が大きいから随分少なく見えるけど1500mlあります(笑)。
美味しくな~~れ!
また徐々に フルーツも足していけば良い(*^_^*)。
最近 「肌のツヤが良い」 とか 「昔より元気になった」 と周りに言われますが このお酢の効果もあるはず・・・、と実感しています。
風邪ひかなくなったし。
今は果物が美味しい時期ですので皆さんも是非 ‘‘フルーツ酢‘‘ 作ってみて下さいね!
今作れば 食べごろは2~3ヵ月後ですから!






Date: 7月 9日, 2015年

「発酵の里・こうざき」

島らっきょが売っていたので漬けてみました。
一つ一つ皮むいて・・・。
美味しくな~れ、美味しくな~れ。


こりゃ~大変だ・・・。
食べる時も ”有難や~~” って心から味わって食べなければ・・・(笑)。
居酒屋などで 簡単にムシャムシャ食べていたけどこの作業を思えば 私が行く居酒屋は安く提供してくれてるんだなぁ・・・。
6~7つで 350円だったかねぇ。
2~3日待って発酵してから いただこう・・・。
そう言えば 最近、千葉県香取郡に道の駅 「発酵の里 こうざき」 が出来たらしいです。(・・・・何かイベントに呼んでくれないかしら(笑)。)
「道の駅」 と「発酵」 がタックを組んだとは・・・。発酵大使でもあり、道の駅も唄っている私が行かなくては一生後悔しますわ~~~(;_;)
ぜーーーーーーーったい行くぞーーー!!









Date: 5月 2日, 2015年

「発酵で元気!」

もう何回作ったでしょう・・・。
小松菜のお漬物。


お漬物と言っても 良く見るザックリしたものではなく、私のは 髪の毛みたいに細~く切ってお塩をまぶすもの。
コレがあれば 炊きたてのご飯に混ぜても美しいし、ゴマをたっぷりふって 酢飯に混ぜたら即席のちらし寿司みたいになるし、納豆に混ぜても美味しいし、オリーブオイルをかけたら洋風にもなるし、とにかく万能漬物です。
最近は小松菜も安いし、コレ是非作って下さい!3~4日した頃が一番美味しいです!
小松菜の量に対して お塩を3~5%程度を混ぜるだけ。
そして 我が家のフルーツ酢は かれこれ5~6回、新しいお酢を足し、フルーツを足し、


かなりハイレベルなお酢になっています(^○^)
コレはまだお酢とフルーツを足して間もないのでもう少し熟成中・・・。
お漬物も お酢も・・・・・、発酵食品を摂るようになって健康になりました。
キャンペーン先でフルーツ酢の話をすると急に女性のお客様が主婦の顔になって質問攻め・・・(^O^)
絶対 作ってほしい!フルーツ酢。
歌い手としても 熟成、発酵して・・・(*^_^*)頑張ります!









Date: 2月 10日, 2015年

「発酵、発酵、発酵」

ファンクラブの会報を書いています。
毎回続けている長文のものや、写真整理など締め切りまであと少しなのでちょっとドキドキ。
ちょっと飲みながら考えよう・・・。
ワイン(←これも発酵食品)に合うのは やっぱり発酵食品!


チーズをざっくり手でちぎって、あとは海苔と納豆といぶりがっこ。全部海苔で巻いて食べる。発酵だらけ~~~。
シソがアクセントになって美味しい。
・・・・・・・・・・・お仕事は後日にします・・・・。






Date: 1月 11日, 2015年

「食」

この冬は よ~くお漬物を作りました(*^_^*)
お漬物というには あまりに簡単な・・・・、サラダのようなもの。
大根を切って塩もみし、ゆずの皮をいっぱい入れてフルーツ酢を混ぜ、ジップロックに入れておくだけのものや、
キャベツのせん切りに塩こぶを混ぜてゴマとゴマ油を混ぜるだけのもの、
白菜と人参と生姜を切って、塩もみしておくだけものや・・・・、お野菜を食べたい時には パパっとサラダ感覚でテーブルに出せたのでとても便利に使うことが出来ました。
もともと作るのが好きなので 食べるのが追いつかないほど(@_@;)
発酵食品は 時間が経つごとに味が変わるのでしっかり漬かってからも また美味しいものです。
先日、船村徹先生のご自宅に伺った時はニシンの麹漬けを頂きました。(ニシン、大根、人参が入っていました)


今回は京都のほうから取り寄せたそうです。秋田では このニシンの部分がハタハタになって、飯寿司(いずし)というものがあります。
同じだぁ~(^○^)
私の簡単サラダとは全く違って、手間のかかる、なんとも贅沢な発酵食品です。作った方の愛情が伝わります。


そしてシメは毎年 粕汁。これ、大好きです!で~~~~っかいお鍋で作るから尚更美味しい!塩漬けした鮭を しっかり塩抜きしてから作るそうで奥深い味・・・・発酵食品の深さの味!
食品について 様々な粗雑な話がある昨今、こうした ”愛情” を持った食事をいつも摂っていたいものです。
”食” は生きて行くうえで一番大切なことですから 自分達で作って信じられるものを 有難く噛みしめて 大切にいただく。
今だからこそ、見直すべきことがきっと沢山あります。
昔の人は そうして生きてきたのでしょうから・・・。



Date: 12月 15日, 2014年

「お味噌」

横手の発酵文化研究所から沢山のお味噌を戴きました。
私はウチにいる時は殆ど毎日お味噌汁を作るので”お味噌”は必需品!
あちこちの道の駅で買ったもの、実家から届いたもの、興味本位で専門店で買った高級なもの、などなどお味噌はいろんな種類の味がストックされています。
そのお味噌を少しずつ容器に入れて、使う時にさっとブレンドして


お味噌汁に溶かして、その日その日の美味しさを楽しみます。この容器はもう15年くらい使っているから そろそろ違うのに変えたいけど手が付いていて 小ぶりでなんだか便利で・・・ずっとこのまま(*^_^*)
お味噌汁の具によって 白っぽいお味噌を多くしたり黒っぽいお味噌を多くしたり(黒っぽいのは実家の年代物味噌)、たまにこの中に昆布を突っ込んでおくとさらに美味しいお味噌汁になります。


以前は味噌こし器でよくこしていましたが 最近は麹もそのままこさずに 有難く飲んじゃいます(笑)。
お味噌は各家庭によっても味が違うし、地域によっても違うし・・・・本当に奥の深い素晴らしい調味料です。




Date: 12月 4日, 2014年

「今年も、ナタ漬け」

横手発酵文化大使の岩本公水です(*^_^*)
この季節、私が思いだすのは母さんやじいちゃんが採れた野菜を一生懸命樽に詰め込んで大量のお漬物を作る姿。
雪がチラチラ舞う中、「急げ急げ~、冬になってしまうぞ~」って言いながら。そのお漬物は 冬の間の貴重な食糧となって食卓を賑わせます。
じいちゃんは早くに亡くなりましたが お料理もマメにする、良いじいちゃんでした。
色んな事情で別居していたので 「作ったから食べれ~」、と自分が作った料理を持って来ては 良く会いに来てくれました。そしてお漬物をつまみに一杯飲んでは 「カッパ~~からげて~さんど~~がぁ~さ~~」なんて壊れたレコードみたいにそのフレーズばっかり唄ってた・・・(*^_^*)
そのじいちゃんの得意なお漬物が 「ナタ漬け」でした。


大根をナタで ザクザク切って麹に漬けるもの。包丁ではこの風合いが出ないんです!
以前もブログで書いた事がありますがナタ漬けは秋田を代表するお漬物です。
横手の発酵研究所の皆様から ”発酵の勉強が出来るように”と様々なものを送って頂き、その中にこの ”ナタ漬け” があったのでじいちゃんを思い出して・・・、有難く頂きました。


届いた日より、5日後、10日後、・・・今が一番美味しい(*^_^*)発酵の力ってスゴイな。





Date: 11月 27日, 2014年

「金時草」

発酵食品を勉強するようになって体調が安定した気がします。
コンサートの時もカゼもひかず、疲れず、自分が ”強くなった!” と実感しています。
「食」 は大事ですね。今回お話するのは 「金時草」という野菜。
金時草〈キンジソウ〉別称:式部草〈シキブソウ〉1ケース、20パック前後、2Kg~3Kg前後
紫色でいかにも栄養がある感じ(*^_^*)葉の裏がキントキイモみたいな紫なので「キンジソウ」という名前になったとか。
ビタミン、鉄分、カルシウム、他にも栄養いっぱい!そのままお浸しで食べてみたら・・・、ねばり気があって、独特の香りがあって(ツルムラサキみたいな感じ)美味しい!


ツナで合えて、フルーツ酢をまぜただけでも↑↑美味しかった~!前の晩に作ったら ちょっと色が悪くなりましたが(笑)。
あと、川崎のおばさんが作ってくれたブリ大根と・・・、豪華な朝ごはん。
秋田県横手市でも この金時草が作られているということで送って頂き、横手発酵文化大使として嬉しい発見でした!
あ・・・・・、私のフルーツ酢。かなり足し、足し、相当旨味アップしています(*^_^*)中でも感動したのが フルーツ酢とお醤油を混ぜただけでビックリするほど美味しい ”ぽん酢” になりました。
湯豆腐をして感動してしまった~~~(:_;)








Date: 10月 1日, 2014年

「フルーツ酢・母バージョン」

私が夢中になって作っている 「フルーツ酢」。
北原ミレイさんに教わってからというもの、使っては足し、使っては足し・・・を繰り返して結構深みのある味になりました。
そんな話を ラジオ番組「星の語りべ」 で話していたら うちの母もちゃ~~んと作っていました(*^_^*)
里帰りしてビックリ!


みかんや、りんご、そして裏山でとった ”グミ” がいーっぱい入ったふるさとの味たっぷりの 「フルーツ酢」。
やるね~~!
味見したら すっごくまろやかでグット!グット!!
ラジオのリスナーさんも随分作って下さっているようですがこうして 身近な母が夢中になって作ってくれているって・・・すっごく嬉しい!!
皆さんも 「フルーツ酢」作ってみて下さい。これからの季節は フルーツが多いですから!
安い穀物酢を買って、果物を放り込むだけ!!
やってみて~~!